手荒れ・肌荒れ予防と感染予防の関係をご存知ですか?

手荒れ肌荒れは、見た目の美しさが損なわれるだけではありません。

注意したい感染予防 手荒れ肌荒れ対策

手荒れ肌荒れと感染の関係は簡単です。

乾燥肌や手荒れ肌荒れすると、皮膚にかゆみを生じることがあります。なぜかというと、ばい菌や有害物質が皮膚に侵入して刺激するからです。つまり、手荒れ肌荒れした皮膚は、外部から菌が侵入しやすくなるので、感染しやすいのです。

下の画像をごらんください。
これは皮膚の構造を簡単に表しています。

手荒れ肌荒れしていない皮膚は、皮膚の脂質がばい菌や有害物質の侵入から守っています。

手荒れ肌荒れした皮膚は、脂質が少なくなっているので、外部から菌や有害物質が侵入しやすくなっています。

健康な皮膚の表面と手荒れ肌荒れの皮膚の表面 感染の原因

感染予防と手荒れ予防の関係 : 手荒れ肌荒れした皮膚はばい菌が侵入しやすくなり、食中毒の原因菌が付着したり、皮膚病などに皮膚感染しやすくなります。

 

手荒れの原因は単純

手洗いや消毒、水仕事などにより皮脂(皮膚の脂質)は失われやすく、肌が乾燥した状態になってしまいます。そのような状態を繰り返すと、手荒れ肌荒れになります。

以上のように、感染予防と手荒れ予防の関係がお分かりいただけたと思います。

 

手荒れの効果的な対策方法は?

手荒れ対策方法ですが、皮膚の表面をカバーして保護する特殊なクリームを塗って、皮脂の脱落を減らす方法があります。
手洗いや水仕事の際に水やお湯、洗剤、消毒から皮膚を保護する皮膚保護クリームを塗っておきます。オイルや薬剤を使用する際にも効果的な方法です。
皮膚保護クリーム「ガードバリア」は、手荒れしやすいお仕事の前に手肌に塗ることで、ある程度皮膚を保護して手荒れ肌荒れしにくくします。
手荒れ肌荒れを治すクリームではありません。手荒れ肌荒れしないように、水や洗剤等から皮膚を保護して手荒れ肌荒れしにくくします。つまり手荒れ肌荒れする前に塗っておくと効果的です。

 2016.12.2

 

HOMEプロ用スキンケア・皮膚保護クリーム「ガードバリア」
 

ガードバリア Q&A 

ガードバリアについて 

「ガードバリア」の資料&無料サンプルはこちらからご請求ください。

「ガードバリア」のご注文はこちらの販売店をご利用ください。

抗菌力試験データあります。

急性経口毒性試験結果あります。

販売店様向けのプロモーション用画像

 ガードバリア画像 

 皮膚保護の仕組み 

 効果的な使用方法 

 Q&A

 パンフ

 

  

・手荒れ肌荒れと感染予防の関係 
ガードバリアのパンフ 
手洗い→手荒れ→手荒れ予防 
介護ケアサービス業の皆様へ 
工場・建設・メンテナンス業の皆様へ 
手荒れ予防に皮膚保護 
仕事の前に塗って皮膚保護 
皮膚保護のしくみ 
使用方法 
ハンドクリームとの違い 
「ガードバリア」Q&A 
無香料 
ガードバリアのパンフ(販売店様用) 
ガードバリア パンフ1 
ガードバリア パンフ2 

皮膚保護クリーム「ガードバリア」の問い合わせ  株式会社チャフ・スカラップ  電話 048-266-6933 埼玉県川口市上青木3-11-22 

チャフ・スカラップ>業務用 皮膚保護クリーム「ガードバリア」 手荒れ予防 >手荒れ肌荒れと感染予防の関係

 

[手荒れ肌荒れと感染予防の関係]