職場の衛生の向上に皮膚保護クリームの導入を!「ガードバリア」 手荒れ対策・手荒れ予防用クリーム

手肌の汚れ・臭い・手荒れ対策に!

工場・建設・メンテナンス業の皆様へ

HOMEプロ用スキンケア・皮膚保護クリーム「ガードバリア」

卸販売について 

 

ガードバリア Q&A 

ガードバリアについて 

「ガードバリア」の資料&無料サンプルはこちらからご請求ください。

「ガードバリア」のご注文はこちらの販売店をご利用ください。

抗菌力試験データあります。

急性経口毒性試験結果あります。

販売店様向けのプロモーション用画像です。ご自由にご利用ください。

 ガードバリア画像 

 皮膚保護の仕組み 

 効果的な使用方法 

 Q&A

 パンフ

 

  

手荒れ肌荒れと感染予防の関係 
ガードバリアのパンフ 
手洗い→手荒れ→手荒れ予防 
介護ケアサービス業の皆様へ 
・工場・建設・メンテナンス業の皆様へ 
手荒れ予防に皮膚保護 
仕事の前に塗って皮膚保護 
皮膚保護のしくみ 
使用方法 
ハンドクリームとの違い 
「ガードバリア」Q&A 
無香料 
ガードバリアのパンフ(販売店様用) 
ガードバリア パンフ1 
ガードバリア パンフ2 

 

 2007.12.5

手荒れ対策・手荒れ予防用

皮膚保護クリーム「ガードバリア」

お仕事の前にお塗りください。

 

ハンドクリームや洗剤と異なり、

先に塗ることで保護膜を形成。

汚れ・臭い対策に。

 

職場での共同利用をお奨めします。

ハンドクリームとの違いが認識されて、法人購入が増えています。

 

 

工場の現場で「手が汚れる・臭う」作業で使われています。

油・有機溶剤・塗料などの汚れや臭いが、皮膚や爪・甘皮の間に入って、洗剤で手を洗っても、なかなか落ちない場合に!

 

作業前に手に塗れば、作業で皮膚に付着した汚れや臭いは、従来よりも落ちやすくなります。
なぜなら、汚れや臭いは皮膚に浸透しにくくなり、「ガードバリア」の上に載っているだけなので、従来の洗剤でも簡単に落ちるのです。

ですから、シンナー等で汚れを無理やり落とすことも減ります。手肌を守る上に、洗剤や水の使用量も少なくて済み、かえって経済的です。

但し、ガードバリアは洗剤ではないので、汚れを落とす効果はありません。あくまで、「作業前に塗って形成されたバリア成分が、汚れ・臭いから手肌を守る予防用品」です。

 

 

医療・介護・食品業界では、手洗い・消毒によって「手が荒れる作業」で役立ちます。

医療・介護・食品業務では、手指の衛生管理は当然ですが、消毒剤や水・湯・洗剤を使用することで、手荒れが起きる場合があります。
手荒れは細菌の増殖を促し、感染や食中毒の発生につながります。

そこで、あらかじめ手に保護膜を作っておけば、消毒剤や洗剤を使っても、刺激性を抑えて、元々手に備わった保湿性を保ちながら、手荒れをしっかり予防します。

ハンドクリームとの大きな違いは、「ガードバリアは作業前に塗る点」です。塗って約4時間は手洗いしても保護膜は落ちません。但し、作業条件により、短くなる場合もありますので、そのときにはその都度塗ってください。手荒れ防止作用と経済性を考慮しています。

また、手袋によるムレや万一の手袋の破れ・穴あきの際にも、一時的に皮膚を保護します。もちろん、顔や足にも使えます。

 

 

「ガードバリア」 皮膚保護の3大特徴

保護作用
バリア成分として3種類の保護膜成分で皮膚を保護します。

使用感
実際に手に触れてみれば、その感触の良さに驚きます。クリームのニオイはほとんどありません。無香料です。
ベタつきも少なく、作業性を妨げない適度のしっとり感があります。
これなら、毎日使って皮膚を予防的に保護したくなるはずです。

経済性
気になるコストですが、手に塗る場合、1回約0.6mLを使っても約10円程度です。
携帯に便利な50mL入りと、300mLがありますので、職場での共同使用にも対応できます。

【急性経口毒性試験・アレルギーパッチ試験・抗菌力評価試験を行っています。】

 

ミニ情報
塗って5分後に手洗いすると、保湿成分は流されますが、保護膜は流されません。ベタつきがさらに少なくなってもなお、保護膜は約4時間まで形成されます。(使用条件により保護膜が無くなる時間が短い場合がありますので、その際にはその都度塗ってください。また保護膜の作用は約4時間まで持続し、それ以降は無くなります)

手袋、マスク、ゴーグルなどと一緒に使うことで、皮膚保護に役立ちます。

 

[工場・建設・メンテナンス業の皆様へ]
チャフ・スカラップ>業務用 皮膚保護クリーム「ガードバリア」 手荒れ予防 >工場・建設・メンテナンス業の皆様へ

 株式会社チャフ・スカラップ