チャフ・スカラップ>バイオ製品>納豆菌のゲル カビ掃除に

HOMEバイオ製品一覧(有用微生物 納豆菌など)

カビ取り・防止 

浴室、台所、居間等各お部屋のカビが気になる所にどうぞ

納豆菌


無害無臭・化学的な薬剤を使用していません。 

納豆菌群効果だから人と環境にやさしい

 

有用微生物利用 バイオのかび取り

ゲルタイプ(:粒のゼリー状のようなもの)です。

水を入れる必要がありません。



バイオのBB菌が穏やかに作用

 

  • カビ用:浴室・居間などお部屋のカビ掃除と予防。エアコンのカビ臭いにもどうぞ。
     
  • 芳香剤や塩素やアルコール等の薬品は使用していませんのでほぼ無臭、臭いに過敏な方でも安心してお使いいただけます。
     
  • 刺激物を使用していないので、シックハウスやシックスクールの心配がありません。カビ掃除の際には、メガネや手袋はいりませんので安心です。
     
  • 水を入れる必要がありません。
     

 

【使用上の注意】

  • 小児の手の届く所に置かないで下さい。本品は食べられません。
     
  • 目に入った場合はこすらず、冷水で15分以上洗い流して下さい。口に入ったり飲み込んだ場合はすぐに口をすすぎ、水を飲むなどの処置をして下さい。皮膚にかかった場合はすぐに水で洗い流してください。いずれの場合も処置後、異常がある場合は医師に相談して下さい。受診の際には本品を持参して下さい。
     
  • 配水管が詰まることがありますので、中身を水に流して捨てないで下さい
     
  • 用途以外の使用はしないで下さい。
     
  • ゴム、木質、シリコン系に入り込んだカビのシミは処理しにくいのでご注意下さい。

    タイルの継ぎ目などのコーキング(ゴムのようなもの)に生えたカビに関して:このような場合、カビは死にますがカビがゴムの内部に入り込んでいる場合があるので、ブラシ等でこすってもカビの死骸カスを取り切れず、カスが黒く残ってしまうこともあります。

  • ゲルや液がこぼれた場合は、シミになることがありますのですぐに拭き取って下さい。
     
  • 効果が減ったり無くなる場合がありますので、殺菌・除菌・抗菌作用のある製品・洗剤・薬剤・家電類等との併用は避けてください。
     
  • 使用後、ゲルは可燃ゴミとして処理して下さい。
     
  • 使っているうちにゲルが乾いて小さくなります。水を加えてもBB菌は水分と一緒に外に出ているため、効果はなくなります。
     
  • 直射日光の当たるところ、高温になるところは避けて設置して下さい。
     
  • 倒したまま放置しないで下さい。液、ゲルで濡れる可能性があります。
     
  • まれに白や緑に変色することがありますが性能には問題ございません。
     
  • 直射日光を避けて常温で保管してください。

風通しがよく湿気が少なく、清潔ならばカビは発生しにくいのですが、一度カビが発生すると退治するのは大変です。

化学的なカビ取り剤は人体に有害なものもあり、取り扱いにも注意が必要ですね。

カビパッ君ゲルは納豆菌の一種を使用しています。

化学的な薬品を使用していないので急な効果はありませんが、穏やかに効いてきます。

刺激臭に敏感な方におすすめします。 人と環境にやさしいことが特徴です。

 

ダニをなんとかしたい 

カビの話:カビはなぜ生える? カビを防ぐには

 

取扱終了です。

 

 

特許第3590019

 

成   分 : 有用微生物 BB菌(納豆菌群)、ミネラル水、高分子ポリマー

内 容 量 : 150g

有 害 性 : 
マウスによる急性経口毒性テスト(限度試験)  異常なし
ウサギによる皮膚一次刺激性試験(
OECD法) 異常なし
ウサギによる眼刺激性試験 異常なし
モルモットによる皮膚感作性試験(アレルギー試験) 異常なし
 
BB菌にて取得

希望小売価格 :  880円 税別  

 

使用方法 :  開封口よりミシン目にそってフィルムをはがしてください。上ブタを開けて、アルミフタを内容物がこぼれないように気をつけてはがしてください。再び上ブタをしめて、カビの気になる場所に置いてください。

浴槽などのカビの気になる場所に置いて4〜5日後、そうじをしてください。カビが落ちやすくなります。目地等のがんこな汚れは、せっけん等を歯ブラシにつけてそうじしてください。その後、ひき続き使用されますとより効果が高まり、カビの再付着を防ぎます。

1個で6畳くらいまで使用できます。

 

防カビ効果は環境によって異なりますが、通常2ヶ月〜3ヶ月間持続します。カビが目立ち始めたら、お取り替えの目安としてください。シャワー等の水が本品に入らない場所に置いてください。
気温が高い環境では蒸発が早いため、使用期間が短くなる場合がります。

特   徴 : 化学的な薬品を使用していないので急な効果はありませんが、穏やかに効いてきます。

効   果 : カビ処理

 

 

カビの予防方法について
 

カビの予防と対策 アドバイス

 

1 風通しよくする
 

 

2 湿気を防ぐ

 

 
3 ふき掃除

 

 

カビの胞子、つまりカビの種のようなものは、空気中をフワフワと漂っています。そしてアチコチにくっついて、生育条件が整うとカビが増えるわけです。

 

カビ発生の条件は、温度、湿気、栄養、風通し悪いことです。

 

 

風通し悪い場所には、カビの胞子が溜まりやすくなるので、窓を開けて風通しよくしておきましょう。

 

 
窓が無く風通し悪い部屋は、扇風機で風を送るなどするとよいです。

 

汚れもカビの栄養になるので、ふき掃除しましょう。

 

 

一度カビが生えると、カビが大量の胞子をまき散らすので、窓開け換気とふき掃除は、しつこい位よく行いましょう。

 

 

ビルなどの集中換気では、通気口の中にもカビが生えるので問題です。通気口内部の掃除も必要です。

 

 

ダニとカビの関係について

 

[納豆菌のゲル カビ掃除に]

 

2005.10.9