カビの予防方法について

カビの予防と対策 アドバイス

 

1 風通しよくする
 

2 湿気を防ぐ

 
3 ふき掃除

 

 

カビの胞子、つまりカビの種のようなものは、空気中をフワフワと漂っています。そしてアチコチにくっついて、生育条件が整うとカビが増えるわけです。

 

 

カビ発生の条件を知れば、カビの予防方法が分かります


カビの発生条件は、温度、湿気、栄養、風通し悪いことです。

 

 

風通し悪い場所には、カビの胞子が溜まりやすくなるので、窓を開けて風通しよくしておきましょう。

 

 
窓が無く風通し悪い部屋は、扇風機で風を送るなどするとよいです。

 

汚れもカビの栄養になるので、ふき掃除しましょう。

 

 

一度カビが生えると、カビが大量の胞子をまき散らすので、窓開け換気とふき掃除は、しつこい位よく行いましょう。

 

 

ビルなどの集中換気では、通気口の中にもカビが生えるので問題です。通気口内部の掃除も必要です。

 

 


[カビの予防方法について]